top of page

Blog

Top > Blog > Blog 記事

カメオの魅力を再発見!アンティークカメオの価値とは?

1. カメオ アンティークの概要


1.1 カメオの歴史的背景

カメオは古代から存在する芸術形式であり、彫刻された宝石や貝殻がその歴史の中心です。その起源は古代エジプト、ローマにまで遡りますが、特に古代ローマで大変人気がありました。当時のカメオは、主に貴族階級の肖像や神話の情景を表現する手段として用いられていました​。


中世を経て、ルネサンス期にはこの芸術形式が再び隆盛を極めます。特に15世紀のイタリアでは、カメオが非常に重要な装飾品と見なされ、芸術と技術の両面で進化を遂げました。この時代のカメオは、複雑で繊細なデザインが特徴で、人物像だけでなく、風景や戦闘の場面が描かれることもありました。


18世紀に入ると、カメオはヨーロッパ全域で一層の人気を博します。特にナポレオン時代のフランスでは、カメオが社会的地位の象徴として、またロマンティックな装飾品として愛されました。ナポレオン自身がカメオを収集し、それを奨励したことから、カメオは女性のジュエリーとしても広く普及しました​​。


19世紀のビクトリア朝時代には、カメオがさらに細分化され、異なる素材(象牙、ラーヴァ、シェルなど)が使用されるようになり、大量生産も始まりました。これにより、カメオはより広い市民層にも手が届くアイテムとなり、その魅力をさらに拡散することができました。


今日では、アンティークカメオはその美しさと歴史的価値から、収集家やファッション愛好家に非常に高く評価されています。そのため、歴史を通じてカメオは単なる装飾品を超え、文化的な象徴としても価値を持っているのです​​。



1.2 現代におけるカメオの価値

カメオ アンティークの現代における価値は、その歴史的背景と稀少性に大きく依存しています。美術品としての価値は明らかであり、収集家たちの間で特に高い評価を受けていますが、ファッションアクセサリーとしても人気があります​​。


カメオは、古典的な美しさと洗練された手作りの技術が反映されており、それが現代のジュエリーマーケットにおいても引き続き求められる理由です。特に良質のカメオは、その細部にわたる繊細な彫刻が評価され、美術館や展示会では特別な扱いを受けています。


また、現代のデザイナーやアーティストたちは、アンティークカメオからインスピレーションを受けて新しい作品を生み出しています。これにより、古典的な技術と現代的なスタイルが融合した新しいジュエリーの形が誕生しています。これは、カメオが時代を超えて多様な文化やファッショントレンドに適応できることを示しています。


ファッション業界においても、カメオはクラシックな魅力を持ちながら、モダンなスタイルにも適応可能なアクセサリーとして認識されています。多くのファッションデザイナーがカメオをコレクションに取り入れ、古典的な要素を現代的なデザインに組み合わせています。




2. カメオの種類と特徴


2.1 素材による分類と特徴

カメオは様々な素材から作られており、それぞれが独自の特性と美しさを持っています。主要な素材としては、シェル(貝)、アゲート(瑪瑙)、ラーヴァ(溶岩石)、アイボリー(象牙)、珊瑚、そしてストーン(瑪瑙)があります。


シェルカメオ

シェルカメオは最も一般的なタイプで、主に サードニクスシェル カブト貝<トウカンムリ貝>(CASSIS MADAGASCARIENSIS) や コーネリアンシェル マンボ貝(CASSIUS RUFA)が使用されます。貝の自然な層を利用して、浮き彫りに人物像や風景を描く技術が特徴です。色のグラデーションや透明感があり、光の加減で異なる表情を見せるため、非常に人気があります​。


アゲートカメオ

アゲートカメオは、硬質の瑪瑙(めのう)を使用しており、耐久性に優れています。複数の色層が自然に存在するため、彫刻家はこれらの層を巧みに利用して立体感のある作品を生み出します。アゲートは色のバリエーションが豊富で、それぞれのカメオが独特の美しさを持つことから、高い芸術性を求めるコレクターに特に評価されています​。


ラーヴァカメオ

ラーヴァカメオは ラーヴァ=溶岩が冷えて固まった溶岩石 を素材としており、主に19世紀のイタリアで人気がありました。その自然な質感と土のような温かみのある色合いが特徴です。堆積されている溶岩石の地層の深さにより様々な色のラーヴァストンがございます。 また素材が柔らかく、立体的な彫刻に向いております。主に古代ローマやギリシャの神々や女神をモチーフにして彫刻されております。ラーヴァカメオはその素朴な魅力で、特に古典を好むコレクターから愛されています​。


アイボリーカメオ

アイボリーカメオは象牙を素材として使用し、細かな彫刻が可能です。象牙の滑らかな質感とクリーム色の背景は、非常に高級感を演出し、深みのある彫刻が特徴です。しかし、象牙の使用は現在多くの国で規制されているため、アンティークピースとしての価値が非常に高まっています​。


珊瑚カメオ

珊瑚カメオは、主に赤やピンクの珊瑚を使用しています。その鮮やかな色彩が特徴で、自然の美しさをそのままジュエリーに昇華させています。珊瑚は柔らかい素材のため、彫刻は繊細で、女性的な優美さを表現するデザインに適しています​。





2.2 時代別のスタイルと流行

カメオのスタイルは、その製造された時代によって大きく異なります。歴史的な背景と流行の変遷を反映しており、それぞれの時代が持つ特有の美学と技術がカメオには表現されています。


古代ローマ時代

古代ローマ時代のカメオは、主に貴族や皇族の肖像が多く見られます。これらは権力の象徴として、また個人のステータスを示すアイテムとして用いられました。素材としては主に石が使用され、神話のシーンや日常の風景を描いた作品も存在します​。


ルネサンス期

ルネサンス期には芸術全般が発展し、カメオもまた芸術作品としての価値を高めました。この時代のカメオは、より精緻なデザインと技術的な洗練が見られ、宗教的なモチーフや古典的な美を象徴するデザインが人気を博しました​。


ヴィクトリアン時代

ヴィクトリアン時代のカメオは、女性の横顔や花、自然をモチーフにしたものが特に人気でした。当初 カメオと言えばストーンカメオが完全に主流でしたが、その後 ジュエリーの大衆化が進むと、その他の素材(シェルや象牙など)などでカメオが作られるようになるのです。1850年~1880年頃は、イタリアからパリとロンドンにカメオの彫り師が移り、優秀な人材が集まり、素晴らしい逸品が多数製作されたのである。


20世紀

20世紀に入ると、カメオは古典的な魅力を保ちながらも、よりモダンなデザインが求められるようになりました。アールデコやアールヌーボーの影響を受けたカメオでは、幾何学的な形状や抽象的なデザインが取り入れられ、新たなコレクター層を引きつけることに成功しました​。




3. カメオの収集と保管


3.1 カメオ収集のポイント

カメオの収集は、その歴史的価値と美術的美しさに魅了された多くのコレクターにとって、情熱的な趣味です。以下はカメオを収集する際の重要なポイントです。


知識の習得

カメオの収集を始める前に、その歴史や種類、素材について学ぶことが重要です。時代やスタイルによる違いを理解することで、本物のカメオとレプリカや低品質のカメオを区別する能力が身につきます。また、特定の時代やデザインに特化することも、収集の方向性を明確にする手助けとなります。


状態の確認

カメオの状態を細かく確認し、欠けや割れがないか、細部の彫刻がしっかりしているかを見ることが重要です。アンティーク品の場合、時代による自然な摩耗は避けられないこともありますが、その状態が価値にどのように影響するかを理解することが必要です。アンティークカメオ作品の場合、割れや欠けがあることが価値の低下につながらないこともございます。カメオ専門店にて必ず相談することをおすすめします。


真正性の確認

カメオが本物であることを確認するために、信頼できる「実店舗のあるカメオ専門店」から購入しましょう。世田谷にあるカメオギャラリーアートフェリーチェでは、実店舗&オンラインで販売されており、ご購入のカメオ作品一つ一つに「品質保証書」や「彫刻作家保証書」が付いており、安心です。



3.2 保管と手入れの方法

カメオは非常に繊細なアイテムであり、適切な保管と手入れを行うことが長期にわたってその美しさを保つ鍵です。以下はカメオの保管と手入れにおける基本的なガイドラインです。


保管とメンテナンス:

カメオは直射日光を避けた涼しい場所 カメオケースに入れて保管することを推奨します。


定期的なクリーニング

カメオを清潔に保つためには、定期的に優しく拭き取ることが効果的です。取り扱いは簡単で、柔らかいブラシと温水で優しく洗浄することが可能です。強い化学薬品や磨き粉は避け、汚れがひどい場合には石鹸などの泡をつけて洗浄することもできます。


また、シェルカメオの乾燥がひどい場合には、綿棒の先に純度の高いオイルをつけ、カメオ全体に塗りましょう。1日ほど経過後 かならずオイルはティッシュなどで完全に拭き取りましょう。時には専門家によるクリーニングや修理を行うことで、カメオブローチを最良の状態に維持し、長期的な損傷を防ぐことができます。


これらのアドバイスを参考に、カメオブローチの購入から日常のケアまで、適切に行うことで、その価値を最大限に引き出し、長く愛用することが可能です。カメオブローチは単なる装飾品以上の価値を持つため、丁寧に扱うことが大切です。




4 アンティークカメオの豆知識「色々なカメオのおはなし」


4-1 エーゲ海に生まれたカメオ

地中海東部のエーゲ海周辺に花ひらいた<エーゲ文明>とともに、カメオ(立体浮き彫り)やインタリオ(沈み彫り)は誕生しました。 キクラテス諸島周辺で発見されたうずまき模様のインタリオ・・・これが宝玉彫刻の最古のものと伝えられています。しかし一方では アナトリア(現在のトルコ)で発見されたものの方がより古いという説もあり、論争の的となっています。

同じ頃、スカラベが創られたエジプトではエジプト文明の全盛期でした。このかぶとむしを型どった「スカラベ」が最も古い彫刻物=カメオとする説もあります。いずれにしろエーゲ海周辺よりカメオやインタリオは生まれました。その後ギリシャに受け継がれた技術は多くの素晴らしい宝石彫刻を生み出しています。



4-2 カメオはなぜカメオなのか?

ヨーロッパの美術館を訪れた時、かならず目にするカメオのコレクション。ヨーロッパの美術史とカメオは切り離せないものです。古代ギリシャ、ローマ時代、宝石といえばカメオのことでした。

もちろん古代の人々も、エメラルドやアメジストなど宝石を愛し、それらは大変貴重な石でした。しかし当時の加工技術は現代より劣っており、貴重な原石を見つけても、それを研磨して現代の宝石のように美しい輝きを出すことは容易ではありませんでした。

むしろ色石を使ってそれらに文字や銅像、色々なシーンをいかに美しく彫刻することが重要でした。そして時と技術の粋を凝らして色石に彫られたカメオは当時の人々にとって、宝石そのものの価値より数倍も貴重なものでした。

カメオの職人たちはカメオをより立体的に、より鮮明に表現するために、彫刻部分とその背景のコントラストに工夫をこらしました。そこで2種類の層(色)をもつ石が好んで使われるようになりました。

ひとつの色石を彫り上げるのに1年、時には2年もかかりました。古代ギリシャやローマ時代「宝石」とはこのように彫刻された色石のことを、そう呼んだのです。

AD13世紀になると、浮き彫り彫刻をした宝石類をカメオと名付けるようになりました。「カメオ」という言葉の語源は、フランス語のCamaheu<2色の宝石>に由来し、沈み彫りされたものを「インタリオ」と呼ばれています。



4-3 クレオパトラはエメラルドがお好き!?

当時カメオの中でもエメラルドカメオが最も好まれ、貴重でした。エメラルドの硬度はかなり高いが、ショックには弱く壊れやすいです。まして彫刻を施すとなると高度な技術と細心の注意が要求されます。それにも関わらず、古代ルネッサンス期に多くのエメラルドカメオを見ることができるのは、その人気の高さゆえかもしれません。


古代エジプトの歴史に名を刻むクレオパトラや皇帝ネロはエメラルドを愛しました。紅海沿いの海岸近くにはクレオパトラが所有するエメラルド鉱山がありました。エメラルドのピアスを身に着け、カメオを彫らせたクレオパトラ。皇帝ネロはエメラルドを凹型にカットさせ、まるでサングラスのようにエメラルドを透して剣斗士の挌闘を見たと言われています。


エメラルドのグリーンは疲れた目を癒し、弱視を回復させると信じられていました。エメラルドの指輪をはめ、それを見つめていた・・・という話も伝えられています。エメラルドにまつわるこうした伝説は多いです。


19世紀になると数多くのエメラルドカメオが創られました。現存するものの中で一番美しいエメラルドカメオは「ウイーンの美術史美術館にあるエメラルドカメオ」とされています。



4-4 メディチ家のカメオ

15世紀のイタリアにおいて、古代ギリシャやローマ時代の古典文化を理想とし、再びその文化を復興させようとする運動が起きました。いわゆる「ルネッサンス」です。


イタリアのフィレンツェを中心に展開されたルネッサンス運動において、フィレンツェの大実業家であるメディチ家は古代美術の復興に大きな影響力を及ぼしました。


古代美術への賛美や憧れは古代ギリシャのアーティストたちへの尊敬でもありました。暗黒のトンネル=中世期=を通り抜けた時、華やかな宝石彫刻への夢はルネッサンスの風の中にいました。それは明るさを取り戻し、彫刻用具の進歩も歩みを速めていました。しかし古代ギリシャの匠の技に追いつけないカメオアーティストたちの苛立ちは、カメオ彫刻が再び花を咲かせる次代への貴重なワンステップとなりました。


ロレンツォ・メディチは素晴らしいコレクターでした。彼のもっとも素晴らしいコレクションは、現在もナポリ美術館で「タッツア・ファルナーゼ」として展示されており、彼のコレクションのほとんどには 「LAVR MED」 のサインが入っています。



 


日本における実店舗のあるカメオ専門店の紹介


1 ArtFelice—東京・世田谷の専門店

ArtFeliceは、東京の世田谷区に位置するカメオ専門店で、その店舗は幻想的な雰囲気と多様なカメオコレクションで知られています。この店は、1000点以上のカメオを展示しており、その中には珍しいアンティークカメオや世界各国から集められた希少な作品も含まれています。


店舗の特徴とサービス:

予約制のギャラリー: ArtFeliceでは、全国から日々お客様が来店されており、来店前の予約が必ず必要です。個別の接客とゆっくりとした作品鑑賞が可能で、安心です。


顧客体験:

アートフェリーチェでは、顧客からのフィードバックを大切にしております。カメオ専門店ArtFeliceで購入された多くの方が、実際に購入して感じたことを書き込みされています。多くの顧客は、その丁寧な接客と高品質な商品に対して高い評価をしています。


提供されるカメオの種類:

アンティークカメオ: 歴史的な背景を持つアンティーク品は、コレクターから特に高い評価を受けています。

現代カメオ: イタリアやドイツの現代カメオアーティストによるカスタムデザインの作品を多く取り扱っており、現代的なテイストを好む顧客に適しています。


購入後のサポート:

ArtFeliceは購入後の顧客サポートも充実しており、購入したカメオのケア方法や保存に関するアドバイスも提供しています。


この専門店は、カメオを愛するすべての人々にとって、宝石のような存在であり、その質の高いコレクションと顧客への配慮が評価されています。興味のある方は、実際に予約をして訪れることで、その魅力を存分に体験することができるでしょう。


ギャラリーアートフェリーチェ

2  ギャラリーアートフェリーチェ詳細


<住所>

〒158-0091 東京都世田谷区中町5-17-15


<TEL>

03-5758-6661


<メールでお問い合わせ>


<アートフェリーチェ 公式ホームページ>


<ギャラリーアートフェリーチェ 楽天市場店>


<アンティークジュエリー ご紹介ページ>


<インスタグラム アートフェリーチェ公式>


<Facebook アートフェリーチェ公式>








Comments


bottom of page